興味しんしん

いろいろまとめてます。

    古いものから新しいものまで、ニュースをいろいろまとめています。リンク元の記事が削除されている場合があります。ご了承ください。

    2019年09月

    1: みつを ★ 2019/08/29(木) 20:15:24.11 ID:QoGyjbXK9.net

    The US Air Force’s shadowy X-37B space plane breaks spaceflight record

    謎に包まれた米空軍の宇宙飛行機、連続飛行記録を更新
    米国東部時間8月26日午前6時43分、米空軍の謎めいた宇宙飛行機「X-37B」が、宇宙飛行の新記録を打ち立てた。前任の機体は数年前、717日と20時間42分軌道上に滞在したが、それを上回る新記録だ。
    by Neel V. Patel2019.08.29

    空軍がX-37Bプログラムについて口を閉ざしていることはよく知られている。ボーイングが建造したX-37Bは、全長約8.8メートル、全高約3メートルで、5メートル近い翼幅を誇る。ロケットに搭載された状態で垂直に打ち上げられ、滑走路に水平に着陸する。現在のX-37Bのミッションは、OTV(軌道試験機)として5回目のミッションとなり(OTV-5)、2017年9月にスペースXの「ファルコン9(Falcon 9)」ロケットで打ち上げられた。

    米国航空宇宙局(NASA)は20年以上前、乗員や貨物を軌道に送ったり、わずか数時間の弾道飛行で世界各地に人を運んだりできる、再利用可能なスペースシャトルの低コスト開発を模索し始めた。開発の主体がNASAから軍へ移った後、X-37Bは軌道上に数カ月もしくは数年間滞在できる無人宇宙飛行機として誕生した。最初のミッションが始まったのは2010年のことだ。

    X-37Bプログラムは再利用可能な宇宙船技術を進展させるものであり、航空電子工学や推進システム、材料試験に関連した実験が実施されると空軍は主張している。宇宙政策を研究する非営利団体「セキュアワールド財団」は2017年、想定されるシナリオを突き止め、X-37Bが意表をついて「姿を消す」ような未来の偵察技術の試験のため、もしくは低軌道上に密かに配備する技術を試すためのプラットフォームである可能性が高いと考えている。一方で同財団は、X-37Bが何らかの兵器プラットフォームではないかとの考えには疑問を投げかけている。X-37Bを兵器プラットフォームにするにはコストがかかりすぎ、現実的ではないからだ。

    https://www.technologyreview.jp/nl/the-us-air-forces-shadowy-x-37b-space-plane-breaks-spaceflight-record/

    【謎に包まれた米空軍の宇宙飛行機「X-37B」、連続飛行記録を更新】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2019/08/30(金) 13:19:26.76 ID:/IgrWYkH9.net

    AMラジオ局がAM放送を廃止し、FMラジオ局へ転換することが可能になる見通しになった。
    日本民間放送連盟(民放連)が3月に総務省へ要望していた、FM転換を可能にする制度改正について、 総務省の有識者会議が要望に沿って制度を見直すべきだとの結論を出すことが複数の関係者への取材でわかった。

    AM放送は遠くに電波を飛ばせるが、設備の維持費が高くつく。また、都市部での難聴や、 送信所が海や川のそばに多いため水害に弱い点が指摘されていた。

    関係者によると、制度の見直しについて検討していた総務省の有識者会議は、AMしか電波が入らない地域への対応や、FM転換した場合に使われる周波数を受信できるラジオ端末の普及を課題に挙げた上で、おおむね民放連の要望に沿う形で制度を見直すべきだとの意見にまとまったという。

    民放連の要望は、各局がAM放送を廃止してFMへ一本化するか、AMとFMを併用するかを選択できる制度変更。 2023年をめどに一部地域で実証実験としてAMの試験停波を実施し、28年までにAM局のFM転換を可能にするよう求めている。

    https://www.asahi.com/articles/ASM8Y5VLBM8YUCVL01N.html?iref=comtop_8_04

    【AMラジオ終了へ・・・AMラジオ、FMへ転換可能に。総務省の有識者会議、民放連要望に沿う見通し】の続きを読む

    1: すらいむ ★ 2019/08/30(金) 19:35:38.38 ID:7uhGMX3Q9.net
    カラスと呼ばれたクジラは新種 科博などのチームが発表

     北海道の捕鯨関係者の間で「カラス」などと呼ばれていた黒っぽいクジラは、新種だった。 そんな研究結果を国立科学博物館や北海道大などの研究チームが30日、英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。 「クロツチクジラ」と命名した。

     このクジラは、ツチクジラと呼ばれるハクジラの仲間の一種。以前から「カラス」「クロツチ」として存在は知られていた。 チームは北海道の各地に打ち上げられた6個体を、米国や英国、スウェーデンなど各地のツチクジラ類の標本と比べて分析した。

     他の種が体長最大12メートルなのに対し、クロツチクジラは同6・9メートル。 体色が黒く、突き出した口が比較的短かった。DNA解析でも、他の種との違いが大きく、新種と結論づけた。
     ツチクジラの仲間で最も小柄なことから、学名にはラテン語で「最も小さい」を意味する「minimus」と付けた。

     論文はサイト(URL省略、ソースでご確認下さい)に掲載する。(小坪遊)

    朝日新聞デジタル 2019年8月30日 18時28分
    https://news.livedoor.com/article/detail/17007222/

    【北海道で「カラス」「クロツチ」などと呼ばれていたクジラは新種だった 科博などのチームが発表 命名「クロツチクジラ」】の続きを読む

    1: アンドロメダ ★ 2019/08/29(木) 22:54:47.43 ID:eyaJNJj89.net
    大阪大学眼科の西田幸二教授らのグループは先月、角膜の表面が傷つき失明状態にある角膜上皮幹細胞疲弊症の患者に、iPS細胞から作った角膜シートを移植し、先週、退院したと発表しました。
    角膜シートは、京都大学から提供された他人のiPS細胞を培養して作られたもので、患者の女性は今のところ拒絶反応はなく、移植後、失明状態だった視力は回復しているということです。

    「視力的にいうと、字は見えるようになっている。(患者は)喜んでおられます」(大阪大学 西田幸二教授)

    今後は1年間、視力の状態を観察しながら、シートの安全性などを慎重に調べるということです。
    iPS細胞を使った臨床研究はこれまで、パーキンソン病の治療など実用化に向けた動きが加速していて、阪大はiPS心筋細胞シートの移植も計画しています。

    ▽ソースに動画があります
    https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3763709.htm
    【失明状態の女性が視力回復 大阪大がiPS細胞角膜移植】の続きを読む

    1: つつじヶ丘の総理大臣 ★ 2019/08/29(木) 14:33:16.64 ID:bsdAiloT9.net
    2019/8/29 4:08
    エチオピアで、380万年前のアウストラロピテクス・アナメンシス(アナメンシス猿人)の頭蓋骨がほぼ完全な形で見つかり、顔が復元された。 科学者らが28日発表した。

    最終的に現生人類へとつながる進化系統の重要な時期に関する手掛かりを示す発見となる。
    科学誌ネイチャーに掲載された研究によると、頭蓋骨は2016年にエチオピアの首都アディスアベバの北東約550キロで発見され、成人男性のものだという。

    これまでの研究では、アナメンシス猿人の身長は約150センチに達したことが示唆されているが、今回は推定身長は示されなかった。
    アナメンシス猿人は、「ルーシー」のニックネームで知られるアウストラロピテクス・アファレンシス(アファール猿人)の直接の祖先と考えられている。
    ルーシーは約320万年前に生存していたとされ、化石人骨が1974年にエチオピアで発見された。

    研究を主導した米クリーブランド自然史博物館の古人類学者、ヨハネス・ハイレ・セラシエ氏は、頭蓋骨の発見について
    「これは一生に一度の発見だ。これほどエキサイティングなものはない」とコメント。
    化石で発見された300万年以上前の初期人類の中で、最も完全な形で残された頭蓋骨だ、と述べた。
    これまでに見つかっていたアナメンシス猿人の頭部の化石は顎の一部と歯のみで、この種について完全に理解するのは困難だった。

    https://jp.reuters.com/article/science-australopithecus-idJPKCN1VJ09N

    【380万年前の猿人の頭蓋骨、ほぼ完全な形で見つかる 顔を復元】の続きを読む
    最新記事
    カテゴリー
    楽天市場
    アーカイブ
    タグクラウド

    このページのトップヘ