興味しんしん

いろいろまとめてます。

    古いものから新しいものまで、ニュースをいろいろまとめています。リンク元の記事が削除されている場合があります。ご了承ください。

    2020年01月

    1: みつを ★ 2020/01/26(日) 00:37:20.71 ID:92bZk5Ej9.net

    在日ロシア職員、スパイ活動か 警視庁、ソフトバンク元社員逮捕
    01/25 19:22 , 01/25 23:06 更新

     ソフトバンクから機密情報を不正に引き出したとして、警視庁公安部は25日、不正競争防止法違反の疑いで同社元社員荒木豊容疑者(48)=千葉県浦安市=を逮捕した。在日ロシア通商代表部の情報機関員とみられる職員に渡った疑いがあり、公安部は、ロシアによるスパイ活動事件として全容解明を進める。

     警察当局は外務省を通じ、在日ロシア大使館に対し、機密情報を受け取った疑いのある50代の職員の男と、2017年に帰国した40代の元職員の男を警視庁に出頭させるよう要請した。

     捜査関係者によると、荒木容疑者と接触し始めたのは元職員で、後任の現職員に引き継いだとみられる。
    https://www.hokkaido-np.co.jp/article/386734

    【在日ロシア職員がスパイ活動か 警視庁、ソフトバンク元社員逮捕】の続きを読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/01/25(土) 21:59:19.81 ID:/ekNFxQd9.net
    (20/01/25)


    【中国人女性が新型肺炎 国内3人目の患者 症状軽く入院せず】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2020/01/23(木) 15:39:38.20 ID:wjJQ54AZ9.net
    中国・武漢在住の60代の日本人男性が 新型コロナウイルスによる肺炎に感染 日本政府関係者

    2020年1月23日 木曜 午後3:26
    https://www.fnn.jp/posts/90702662CX/202001231526_CX_CX(リンク切れ)


    続報
    【速報】「新型肺炎」初感染の可能性 武漢で日本人60代男性重症

    2020年1月23日 木曜 午後5:10
    https://www.fnn.jp/posts/00430860CX/202001231710_CX_CX

    ※最新情報はニュース等でご確認をお願いします。
    【武漢で日本人60代男性重症「新型肺炎」初感染の可能性】の続きを読む

    1: ■忍【LV30,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 20/01/18(土)19:46:37 ID:???

    【中国で2人が死亡した重症急性呼吸器症候群(SARS)に似た正体不明のウイルスの感染者は、公式発表より千数百人多い1700人以上に上っている可能性があるという見方を、英国の研究者らが17日、明らかにした。
    中国当局は、同国中部・武漢(Wuhan)市にある鮮魚市場付近を中心に流行した肺炎の原因とされるウイルスに、中国国内で少なくとも41人が感染したと発表している。

    しかし、国連の世界保健機関(WHO)などにも助言を行っている英インペリアル・カレッジ・ロンドン(Imperial College London) の感染症に関する研究センターの研究者らは、17日に発表した論文で、武漢市では1月12日時点で「合計1723人の患者」が感染しているとみていると明らかにした。

    研究者らは、これまでに中国国外で報告された感染者数と、武漢の空港を出発した国際線データに基づいて、武漢市内での感染者数を推計した。中国国外では現時点で、タイで2人、日本で1人の感染者が報告されている。

    論文の著者の一人、インペリアル・カレッジ・ロンドンのニール・ファーガソン(Neil Ferguson)教授は、「1週間前よりも一層懸念している」とする一方、「大騒ぎするには早すぎる」と述べた。

    ファーガソン氏はまた、「これまで以上に、実質的なヒトからヒトへの感染の可能性を懸念すべきだ」とし、感染の主な原因が動物との接触によるものでは「ないとみられる」と指摘した。

    (以下略)

    AFP 2020年1月18日 14:14
    https://www.afpbb.com/articles/-/3264079

    【中国の肺炎ウイルス 感染者は1700人以上か 英国の研究者ら 米国では空港での検疫強化】の続きを読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/01/17(金) 14:20:27.80 ID:YY+4OWeD9.net
    77万4000~12万9000年前(中期更新世)の地質時代が「チバニアン」(千葉時代)と命名されることが17日、韓国・釜山で開かれた国際地質科学連合の理事会で決まった。千葉県市原市の川沿いに露出した地層「千葉セクション」が、中期更新世と前期更新世の境界を示す代表的な地層として認められた。地球の歴史を117に分けた地質時代に、日本の地名が付くのは初めて。

    N極、S極入れ替わった最後の痕跡

     千葉セクションには、約77万年前に地球のN極とS極が入れ替わった最後の地磁気逆転の痕跡が明瞭に残っている。茨城大や国立極地研究所などの研究チームは、この地層を時代の境界となる「国際模式地」として認めるよう、2017年6月に同連合へ申請していた。

     国際模式地を巡ってはイタリアも2カ所の地層を申請し、中期更新世を「イオニアン」とする提案もあったが、千葉は地磁気逆転を示すデータの質が良く、1次審査で破っていた。18年に2次審査、19年3次審査を通過。17日の理事会では理事10人のうち所定の6人以上の賛成を得て「チバニアン」が決まった。

     審査中、研究不正を訴えて命名に反対する国内の研究者が、国際地質科学連合の委員に異議を申し立てるメールを送ったり、地層沿いの土地の賃借権を取得したりする動きもあった。市原市はこれに対して、研究者が自由に立ち入れる条例を19年9月に制定するなど、研究チームを支援していた。

     地層を含む市原市の養老川沿いの一帯は18年10月、国の天然記念物に指定された。命名が取り沙汰され始めて以降、見学に訪れる人が増加し、地元でも正式な命名への期待が高まっていた。【池田知広】

    https://mainichi.jp/articles/20200117/k00/00m/040/136000c

    【命名「チバニアン」77万4000~12万9000年前の地質時代 国際学会決定】の続きを読む
    最新記事
    カテゴリー
    楽天市場
    アーカイブ
    タグクラウド

    このページのトップヘ