興味しんしん

いろいろまとめてます。

    古いものから新しいものまで、ニュースをいろいろまとめています。リンク元の記事が削除されている場合があります。ご了承ください。

    カテゴリ: 生物・動物

    1: ブギー ★ 2020/07/29(水) 11:28:18.43 ID:yW8DWyQI9.net
    新潟県上越市立水族博物館「うみがたり」で、開館からわずか2年でイルカ4頭が相次いで死亡し、波紋を広げている。7月3日には雌のシロイルカが死亡し、開館時6頭いたイルカは2頭になってしまった。市は水族館の管理・運営者から飼い方などに問題はないとの説明を受けている。一方、専門家からは「水族館のイルカがこれほど連続で死ぬのは普通では考えられない」との指摘もある。相次ぐ死の謎は深まるばかりだ。(本田賢一)
    リニューアルで盛況
     同水族館は、老朽化した旧市立水族博物館を建て替え、平成30年6月にリニューアルオープンした。市が保有し、横浜・八景島シーパラダイスなどを運営している横浜八景島(横浜市)が指定管理者となり管理・運営を行っている。バンドウイルカや愛らしいシロイルカ、世界一の飼育数を誇るマゼランペンギン(約130羽)を目玉に人気を博し、オープンから1年間の入場者は当初目標の1・5倍の約90万人に達した。
     市はリニューアルに合わせ、バンドウイルカ4頭、シロイルカ2頭の計6頭を計約9300万円で購入。所管する市教育委員会教育総務課によると、バンドウイルカは1頭約1400万円、シロイルカは約1850万円という。この購入額をみても、市がいかにイルカの集客力に期待していたかがわかる。
    相次ぐイルカの死
     昨年8月には入場者数が100万人を突破して順風満帆だったが、死の連鎖はすでに始まっていた。
     開館から約20日後の30年7月に雌のバンドウイルカ「サシャ」(推定8歳)が、昨年3月には同じく雌のバンドウイルカ「アルク」(同7歳)が死亡。呼吸器系や膵臓(すいぞう)の病気が原因とされた。
     さらに今年5月20日、雌のシロイルカ「リーヤ」(同13歳)が腎不全による尿毒症で死亡した。3月下旬に体調を崩し、その後の検査で腎炎を発症していることがわかり治療を続けたが、救えなかった。

    https://www.sankei.com/premium/amp/200729/prm2007290003-a.html

    【有名水族館で謎のイルカ連続死 わずか2年で4頭、新潟・上越市も困惑】の続きを読む

    1: ヒアリ ★ 2020/07/17(金) 19:57:24.50 ID:8SOGCDic9.net
    ネコの祖先、6000年前の暮らしぶりが判明、なぜ中欧に広まった?

    7/17(金) 7:13
    配信

    中欧最古の証拠を分析、近東から農耕とともに移動か、歴史解明に前進  約7000年前、近東の「肥沃な三日月地帯」を出発した新石器時代の初期の農民たちは、ヤギ、ヒツジ、ウシ、イヌなど、新たに家畜化された動物たちも一緒に連れて移動していた。しかし彼らはおそらく、ヤマネコもこっそりとついてきたことには気がついていなかっただろう。

    (長文です。全文はソースでお読みください。)
    https://news.yahoo.co.jp/pickup/6365701

    【ネコの祖先、6000年前の暮らしぶりが判明、なぜ中欧に広まった?】の続きを読む

    1: 夜のけいちゃん ★ 2020/07/13(月) 12:07:51.66 ID:+AyAdr9o9.net
    2020年07月13日(月)

    静岡市で6月27日に逃走してから行方がわからなくなっていたサーバルキャットが、13日朝早く捕獲されました。

    逃走していたのは静岡市葵区東の住宅で飼育されていた特定動物サーバルキャットの「うつぼ」で、6月27日に逃げ出してから行方がわからなくなっていました。

    警察によりますと、逃走から17日目の13日朝早く、東に約1.3キロ離れた葵区の静岡へリポート付近で警察と飼い主が捕獲しました。

    一旦は途絶えていた目撃情報が12日から入りだし、13日朝も情報が寄せられたため警察と飼い主で探しにいったということです。

    ソース https://www.sut-tv.com/news/indiv/5731/

    【静岡市で行方不明になっていたサーバルキャットのうつぼ、発見・捕獲】の続きを読む

    1: Lv][HP][MP][ ★ 2020/06/29(月) 23:51:56.01 ID:ZRRw92oo9.net
    6月27日、静岡市葵区の住宅で飼育されていたサーバルキャットというネコ科の特定動物が逃げました。 市は捕獲を試みていますが、まだ見つかっていません。

    逃げたのは、オスのサーバルキャット1歳で、体長70センチ、体重は10キロです。
    27日午前、静岡市葵区東の住宅に設置された檻から逃げ出したため、飼い主が警察に届け出ました。

    サーバルキャットは、動物愛護管理法により人に害を加える恐れがある「特定動物」に指定されています。
    飼い主によると、逃げたサーバルキャットは人に慣れていて、危害を与える可能性は極めて低いということですが、
    静岡市動物指導センターは、飼い主の自宅近くに捕獲器を設置するとともに、目撃した場合は追いかけず、連絡するよう呼びかけています。
    https://www.sut-tv.com/news/data/5536/image.jpg

    以下ソース:テレビ静岡 2020年06月29日(月)
    https://www.sut-tv.com/news/indiv/5536/

    【飼育中のサーバルキャット逃げて行方不明 静岡市葵区】の続きを読む

    1: ■忍【LV31,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 20/02/17(月)23:27:55 ID:???
    *twitter情報ですので、真偽は各自で判断して下さいませ!!

    v9bsDaB


    国連警告 4,000億のイナゴが中国国境に達する

    イナゴの大群はインド ラジャスタン州の食糧を食い尽くし駐留する70万のインド軍を撤退させた この大群が今、中国の国境に迫っています 
    FAOセメド副局長は『イナゴは圧倒的な力で壊滅的な災害を引き起こす』と警告した

    https://twitter.com/p6ax3er3hqoqyny/status/1228950912258805761?s=21

    このイナゴの大群はイナゴだけで、なんと80万トンです 自重と同じ量を1日で食べながら150km/日進軍します 
    日本の米の生産量は年800万トンなので、日本を通り過ぎる場合、10日で日本全土の米を食い尽くしてしまうような大災害です

    https://twitter.com/p6ax3er3hqoqyny/status/1228955759603437569?s=21

    【恐怖!インド軍70万を撤退させた4000億匹のバッタが中国国境に接近中 80万トンの食料を一日で食い尽くす】の続きを読む

    このページのトップヘ