興味しんしん

いろいろまとめてます。

    古いものから新しいものまで、ニュースをいろいろまとめています。リンク元の記事が削除されている場合があります。ご了承ください。

    カテゴリ: ゲーム

    1: 田杉山脈 ★ 2020/09/18(金) 13:10:05.95 ID:CAP_USER.net
    新型ゲームコンソール「PlayStaion 5」(PS5)が本日から各ショップで予約開始となった。うまく予約できれば11月にはこのゲーム機が手に入ることになる。ここで気に掛けたいのがセットで使うディスプレイ/TVのスペックだ。

     PS5は、最大表示解像度がPS4の4Kから8Kに拡大。加えて、4Kでも最大120Hzでの高速表示に対応した。公式な仕様としては「4K 120Hz TV、8K TV、VRR 対応」となっているが、これはフルHDについても最大120Hz表示と考えていいだろう。すでに120Hzに対応したTVや液晶ディスプレイもある。しかし、そのすべてがPS5の120Hz出力に対応できるわけではないことは知っておいたほうがいい。

     まず、TVの場合は倍速補間による120Hz表示を謳うものもあるが、これは120Hz入力には対応しない。60Hzで入力された映像に対して、映像エンジンが各コマの中巻コマを補間描画することで映像を滑らかにするためのものだ。

     TV以外のディスプレイについては、120Hz(およびそれ以上)に対応したものは、120Hz入力にも対応していると考えていい。ただし、ここでも注意が必要。と言うのも、とくに古めの製品では、HDMIのバージョンが1.4以前の場合があるからだ。HDMI 1.4では、帯域の問題からフルHD/120Hz入力には対応せず、DisplayPort接続時のみ120Hz(およびそれ以上)に対応となる。

     HDMIでフルHD/120Hz入力に対応できるのは、HDMI 2.0以降となる。と言うことで、PS5で120Hz環境を楽しみたい場合は、HDMI 2.0による120Hz入力に対応した製品を選ぶ必要がある。
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/feature/1277931.html

    【【ソニー PS5】PS5用に液晶を買うときはHDMIのスペックに注意】の続きを読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/09/18(金) 01:36:52.91 ID:CAP_USER9.net
    カプコンが17日、『モンスターハンター』のシリーズ最新作『モンスターハンターライズ』と、モンスターと絆を結ぶ「モンスターライダー」となり冒険するRPG『モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~』を、Nintendo Switch向けに発売することを発表した。『モンスターハンターライズ』は2021年3月26日、モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~』は2021年夏に発売される予定。

     『モンスターハンターライズ』(価格パッケージ版が7990円(税別)、ダウンロード版が7264円(税別))は、狩猟に新風を巻き起こし、縦横無尽に躍動するハンティングアクション。思いのままに翔けあがれる新たなハンティングフィールドで、全く新しいモンスターたち、災禍「百竜夜行」に挑む「カムラの里」を舞台に、かつてない狩猟体験をすることができる。

     新システムは、指示した方向へと飛び、 特殊な”鉄蟲糸(てっちゅうし)”でハンターを引き寄せてくれる翔蟲(かけりむし)。 険しい崖や岩場など道なき場所への高速移動はもちろん、 武器種ごとの特色豊かな攻撃と組み合わせることで、 新たなハンティングができる。先行して、モンスターのマガイマガド、アケノシルム 、オサイズチ、ヨツミワドウのビジュアルが公開された。

     また、冒険の”オトモ”(サポートキャラ)では、 新たに「オトモガルク」が登場。オトモガルクは、ハンターと連携した積極的な攻撃をはじめ、 その背中にハンターを乗せて移動するなど、攻撃的なサポートをする。 ガルクに乗っている間は自由に操作でき、 ハンターのスタミナを消費せずに、 どこまでも素早くフィールドを移動できる。 移動中は一部のアイテムの使用や回復などの行動も可能だ。

     シリーズおなじみのオトモアイルーも登場し引き続き、 多種多様なサポートでハンターの狩猟を支えてくれる。 オトモガルクとオトモアイルーは、 シングルプレイでは合わせて2匹を狩りに連れて行くことができ、 その組み合わせは自由。 他のプレイヤーとの通信プレイでも1匹を同行可能。

     『モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~』は、「モンスターハンター」シリーズのおなじみのモンスターが多数登場し、ともに冒険して、モンスターとライダーの絆が織り成す物語。『モンスターハンターライズ』との連動要素も用意する。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5d276fa57cad3279a6d0c1dbc9f6265b5911b4be

    【カプコン、Switch向け『モンハン』新作2本発表 『モンスターハンターライズ』来年3・26発売】の続きを読む

    1: 名無しさん必死だな 2020/09/17(木) 14:46:13.94 .net
    https://www.nintendo.co.jp/hardware/3dsseries/index.html

    お疲れ様でした

    ニンテンドー3DSシリーズ生産終了 9月16日に公式サイトで発表
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a90c732676c3fb95db96f049901fd275c1446f2c

    【【任天堂】ニンテンドー3DSシリーズの生産終了を公式サイトで発表】の続きを読む

    1: 名無しさん必死だな 2020/09/17(木) 05:22:15.06 ID:eB3T2+YDa.net
    スクウェア・エニックスが『ファイナルファンタジー16』を発表。吉田直樹氏がプロデューサーを務める
    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20200917-136957/

    【スクウェア・エニックスが『ファイナルファンタジー16』を発表。プロデューサーはFF14の吉田直樹氏で確定】の続きを読む

    1: Ψ 2020/09/17(木) 07:08:02.50 ID:HDmrso6U.net
     ソニー・インタラクティブエンタテインメントは17日、新世代ゲーム機「プレイステーション5」の概要を発表した。発売日は11月12日で、本体価格は49980円(税別)。ディスクドライブのない「デジタルエディション」は39980円(税別)。そのほか、開発中の新作タイトルが発表された。

     映像イベントで発表された新作タイトルは、スクウェア・エニックスのRPG『ファイナルファンタジーXVI(16)』。そのほか、スパイダーマンの新作「スパイダーマン マイルス・モラレス」、ハリー・ポッターと世界観を共有する「ホグワーツ・レガシー」、カプコンのスタイリッシュアクション「デビルメイクライ5 スペシャルエディション」などが紹介された。


    スポーツ報知 (2020年9月17日 6時18分)
    https://hochi.news/articles/20200917-OHT1T50038.html

    【【ソニー PS5】「プレイステーション5」49980円で11月12日発売 デジタルエディションは39980円】の続きを読む

    このページのトップヘ