興味しんしん

いろいろまとめてます。

    古いものから新しいものまで、ニュースをいろいろまとめています。リンク元の記事が削除されている場合があります。ご了承ください。

    カテゴリ: 歴史

    1: muffin ★ 2020/03/08(日) 18:37:33.75 ID:a7UjHxq89.net
    「アマビエ」――そんな名前の妖怪を、あなたはご存じだろうか。

    直近の1週間ほど、この一風変わった妖怪のイラストが、ツイッターをはじめとするSNSに次々と投稿されている。アマビエには疫病に際して「自分を描いた絵を見せよ」と人々に伝えた、という伝承があり、新型コロナウイルスの流行が続く今、にわかに脚光を集めているのだ。

    アマビエは江戸時代末期の弘化3年(1846年)、肥後国(熊本県)に出現した怪異として、当時の新聞である瓦版にその姿が収められている。

    この瓦版によると、何やら海に夜ごと光るものがあり、役人が調査に赴くと、奇妙な妖怪が姿を現した。

    妖怪は、「私は海中に住む『アマビエ』である」と名乗り、「もし疫病が流行るようなことがあれば、私を描いた絵を人々に見せよ」と告げて、再び海の中に消えたという。

    この瓦版には、その役人が見たという「アマビエ」が描かれているのだが――。これがなんとも不思議な姿だ。しいて言えば人魚に近いが、くちばしが生えており、目はひし形、ただし黒目はくりっと丸い。また、足というべきか尾びれというべきか、は3つに分かれ、さらに長い髪のようなものが足元まで伸びている。描き手の画風もあってか、妖怪というより「ゆるキャラ」めいた雰囲気だ。

    以前から一部の妖怪ファンの間では知られていたアマビエが、一気に注目を集めるようになったのは2020年2月の末ごろから。新型コロナウイルスの流行に、どこか息苦しい空気が漂うなか、瓦版にある伝承に注目し、アマビエの絵をツイッターなどに投稿する動きが、自然発生的に始まったのである。

    ハッシュタグ「#アマビエ」を付けて、多くのユーザーが、自分流にアレンジしたアマビエのイラストを投稿しており、中にはぬいぐるみやフィギュアを自作する人も。イラストレーターの、みふねたかしさんが運営する素材サイト「いらすとや」にも5日、早くもアマビエが登場した。

    Yahoo!リアルタイム検索の集計によれば、「アマビエ」を含む投稿は2月27日ごろまで1日10件弱程度だったが、3月に入って急激に上昇。8日には2万件近くに達するなど、「アマビエ祭」状態だ。

    https://www.j-cast.com/2020/03/08381639.html

    【「疫病が流行れば私の絵を見せよ」江戸時代にあらわれた妖怪「アマビエ」のイラストがSNSで人気】の続きを読む

    1: つつじヶ丘の総理大臣 ★ 2019/08/29(木) 14:33:16.64 ID:bsdAiloT9.net
    2019/8/29 4:08
    エチオピアで、380万年前のアウストラロピテクス・アナメンシス(アナメンシス猿人)の頭蓋骨がほぼ完全な形で見つかり、顔が復元された。 科学者らが28日発表した。

    最終的に現生人類へとつながる進化系統の重要な時期に関する手掛かりを示す発見となる。
    科学誌ネイチャーに掲載された研究によると、頭蓋骨は2016年にエチオピアの首都アディスアベバの北東約550キロで発見され、成人男性のものだという。

    これまでの研究では、アナメンシス猿人の身長は約150センチに達したことが示唆されているが、今回は推定身長は示されなかった。
    アナメンシス猿人は、「ルーシー」のニックネームで知られるアウストラロピテクス・アファレンシス(アファール猿人)の直接の祖先と考えられている。
    ルーシーは約320万年前に生存していたとされ、化石人骨が1974年にエチオピアで発見された。

    研究を主導した米クリーブランド自然史博物館の古人類学者、ヨハネス・ハイレ・セラシエ氏は、頭蓋骨の発見について
    「これは一生に一度の発見だ。これほどエキサイティングなものはない」とコメント。
    化石で発見された300万年以上前の初期人類の中で、最も完全な形で残された頭蓋骨だ、と述べた。
    これまでに見つかっていたアナメンシス猿人の頭部の化石は顎の一部と歯のみで、この種について完全に理解するのは困難だった。

    https://jp.reuters.com/article/science-australopithecus-idJPKCN1VJ09N

    【380万年前の猿人の頭蓋骨、ほぼ完全な形で見つかる 顔を復元】の続きを読む

    1: ■忍【LV15,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 19/07/08(月)14:39:54 ID:???

    太古の日本人はどうやって海をわたったのか?3万年前と同じ状況を再現して、「丸木舟」で台湾から沖縄へ向かう壮大な航海実験が7日、始まりました。NHKの撮影クルーが200キロの航海に独占密着取材を行っています。

    詳しくは↓↓↓

    NHK/2019年7月7日 15時30分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190707/k10011981661000.html

    ■無事到着
    29: 名無しさん@おーぷん 19/07/09(火)12:20:10 ID:rH0.tu.ds
    祖先渡来の再現実験成功、丸木舟が与那国島到着
    https://www.yomiuri.co.jp/science/20190709-OYT1T50181/
    丸木舟は、日本時間の7日午後2時38分、台湾東岸(台東県北部)から出航。
    地図やコンパス、時計などは使わず、太陽や星の位置などを頼りに、
    交代で休みながらこぎ続け、黒潮を乗り越えた。

    【先祖渡来の航海実験 台湾から丸木舟が出発、無事沖縄県の与那国島に到着】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2019/06/09(日) 20:28:39.25 ID:wkOtKrJl9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190608-00010007-huffpost-soci

    『ブラックパンサー』で黒人ヒーローを演じたチャドウィック・ボーズマンの新作映画の報道が話題だ。
    織田信長に仕えたという記録が残る、黒人の武士「弥助(やすけ)」を描いたハリウッド映画で主演するというのだ。

    5月7日付けのアメリカのエンタメサイト「DEADLINE」に対して、ボーズマンさんは「弥助の伝説は、世界史の謎の一つだ。アジア系以外でサムライになった唯一の存在だよ。単なるアクション映画ではなく文化事業であり、異文化交流だから、 僕はそれに参加できて興奮しているよ」と語っている。(※実際には、徳川家康に仕えて旗本となった三浦按針ことウィリアム・アダムスの例もある)

    果たして弥助とは、いかなる人物なのか。謎に包まれた弥助の生涯を歴史資料から追った。

    (※長文なので次へ続けます)

    【「弥助」ってどんな人? 織田信長に仕えた黒人武士の生涯を歴史資料で追った】の続きを読む

    1: ■忍【LV11,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 19/05/28(火)12:19:18 ID:???

    05/27 20:59

    【根室】国後島を24日から27日まで訪れていた北方四島歴史・文化学術交流訪問団は27日午後、根室市内で記者会見し、同島中部オホーツク海側のヤンベツ砂丘遺跡で続縄文文化期などの約100軒の竪穴住居跡を発見したと発表した。

    右代団長は「これだけの大集落は道内でもない規模。開発されていないため、奇跡的に良好な状態で残っていた」と話した。訪問団は2006年から北方四島で調査を行っており、今回は6人が参加。調査2日目の25日、ヤンベツ砂丘遺跡で直径5~7メートル、深さ1~1・5メートルほどの竪穴住居跡とみられる約100のくぼみが密集しているのを発見。大部分が2300年ほど前の続縄文文化期、一部は8~9世紀のオホーツク文化期のものとみられる。

    訪問団は航空写真や地図などから遺跡の場所を予測し、3年ほど前から調査の計画を練っていた。
    右代団長は会見で住居跡について「続縄文文化期の前半、(道東から)北方四島に積極的に(移住の)広がりを見せた際に拠点的な役割を果たした可能性がある」と説明。
    北海道博物館の鈴木琢也学芸主査は「戦前の調査でノーマークだった場所。今回われわれが初めて行き、多くの遺跡を発見できた」と強調した。

    訪問団は26日、同島オホーツク海側南部のオタトミで17~18世紀のものとみられるアイヌ民族のチャシ(とりで)跡も五つ発見した。
    根室市歴史と自然の資料館の猪熊樹人(しげと)学芸員は「今回の発見は13年間にわたる調査の成果。四島側も日本の調査に注目している」と話した。(今井裕紀)

    https://www.hokkaido-np.co.jp/article/309305


    【学術交流訪問団、国後島で竪穴住居跡100軒発見 大半は2300年前】の続きを読む

    このページのトップヘ