興味しんしん

いろいろまとめてます。

    古いものから新しいものまで、ニュースをいろいろまとめています。リンク元の記事が削除されている場合があります。ご了承ください。

    カテゴリ: 乗り物

    1: @さかい ★ 2020/09/07(月) 22:40:18.44 9.net
    JR西日本は7日、山陽新幹線ひかり590号が午前8時ごろ、広島県の新尾道―福山間で、台風10号の影響による強風で徐行運転すべき区間を、100キロ以上速度超過して走行したと発表した。

    同社によると、30代の男性運転士が指示された徐行区間を間違え、時速120キロ以下で徐行すべき区間に同226キロで進入。約2キロにわたって速度超過したという。乗客約40人にけがはなかった。

     同社は「不安を与えて申し訳ない。指導を徹底し再発防止に努める」としている。 

    徐行区間で速度オーバー 山陽新幹線、100キロ超 JR西日本
    9/7(月) 21:20
    https://news.yahoo.co.jp/articles/78de364a7e855d6eed508268ec46e6ce039b2e43

    【【台風10号】台風の影響を受け徐行運転すべき区間を速度超過 山陽新幹線ひかり590号 広島県】の続きを読む

    1: シャルトリュー(東京都) [KW] 2020/07/07(火) 19:38:38.09 ID:r7P8ddhv0.net● BE:123322212-PLT(14121)
    トヨタGAZOOレーシング(TGR)は7月6日、「GRヘリテージパーツプロジェクト」として、トヨタ『2000GT』の補給部品を復刻し、国内、海外向けに再販売すると発表した。

    このプロジェクトは、「思い出の詰まった愛車に乗り続けたい」というオーナーの想いに応えるべく、廃版となった補給部品を復刻し、純正部品として再販売する取り組み。
    既に2019年5月、A70/A80『スープラ』の部品復刻・再販売を発表しており、2000GTはそれに続く車種となる。

    2000GTはヤマハ発動機の協力を得てトヨタ自動車が1967年に発売したスポーツカーで、1970年の生産終了まで337台が生産された。
    直列6気筒DOHC2リットルエンジンや四輪ダブルウィッシュボーンサスペンション、四輪ディスクブレーキ、ラジアルタイヤ、マグネシウムホイール、 リトラクタブルヘッドランプなど、日本初の技術を採用。最高速度は220km/h。当時の欧州スポーツカーに並ぶ性能を誇った。
    また、日本を舞台に撮影された『007は二度死ぬ』のボンドカーにも採用されるなど、トヨタが世界に誇るスポーツカーだった。

    今回復刻するのは、トランスミッション関係がギヤ、シンクロハブ・スリーブ、ガスケット・オイルシールキット、ベアリングキット、スナップリングキット、
    スラストワッシャー、シフトフォーク。デファレンシャル関係がファイナルギヤキット、リングギヤセットボルト。部品復刻に協力してもらった仕入先および、 社内の工場、関係部署にて製造に向けた準備を進めている。今年8月1日より、準備が整った部品から詳細情報を順次TGR Webサイトにて公開、オーダー受付を開始する。
    なお、同プロジェクトの復刻部品は通常の純正部品と同様、トヨタ販売店で購入できるが、2000GTは車両の希少性、部品の転売を防止する観点から、 車両のオーナーのみ、かつ車両当たり数量制限付きでの販売となる。

    また、今年1月に公開したA70スープラ、A80スープラの第1弾復刻品目の一部(A70フューエルセンダーゲージ、A70ドアハンドル、A80ドアハンドル)も
    7月1日より国内、海外のトヨタ販売店にてオーダー受付開始。他の品目のオーダー受付開始時期はTGRウェブサイトにて公開している。

    https://response.jp/article/2020/07/06/336293.html
    https://response.jp/imgs/thumb_h2/1540645.jpg

    【トヨタ、50年前の名車『TOYOTA 2000GT』の部品を再販売へ】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/16(日) 23:15:16.25 ID:LE6J7yxZ9.net

    京浜急行電鉄(京急)はきょう16日、引退する800形を使用した特別貸切列車を運行した。

    800形は1978年にデビュー。界磁チョッパ制御や電力回生ブレーキを採用するなど、省エネルギー車両の先駆けとなり、1979年に京急として初のローレル賞を受賞している。丸みのある左右対称の前面形状から、鉄道ファンからは「だるま」の愛称で親しまれてきた。1986年までに合計で132両が製造されたが、時代とともに新型車両への置き換えが進み、 「823編成」と呼ばれる1編成が残るのみとなっていた。この最後の1編成も、6月14日をもって定期運用からは離脱している。

    きょう運行された特別貸切列車「ありがとう800形」に乗車したのは、4月6日に発売された「さよなら800形記念乗車券」の購入者の中から選ばれた100人のうちの80人。 ゲストとして、ダーリンハニーの吉川正洋さん、ななめ45°の岡安章介さん、ホリプロマネージャーの南田裕介さんの3人の鉄道タレントも参加した。
    (中略)
    車内では鉄道タレントの3人が各車両をまわり、乗車券代わりの参加証を”検札”。参加者との記念写真にも笑顔で応じていた。 また、すれ違う上り列車の形式が当選番号となる「車両ビンゴ大会」も開催され、参加者は車窓をじっと眺めながら800形の最後の力走を楽しんだ。
    (※以下略 続きはソースでどうぞ 写真多数あり)

    http://news.livedoor.com/article/detail/16627711

    2019年6月16日 14時25分 Traicy

    【さよなら「だるま」電車 京急800形、41年の歴史に幕 特別貸切列車に鉄道タレントも乗車】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/10(月) 16:25:59.51 ID:f/gyhjMq9.net
    富士山の山梨県側の麓と5合目を結ぶ「富士山登山鉄道」構想が再び動き出した。

    1月の知事選で初当選した長崎幸太郎知事の「検討する」という公約を受けて、県は有識者による勉強会を開き、6月補正予算案に基本構想策定費として約4175万円を盛り込んだ。2年後をめどに基本構想をまとめる方針だ。

    戦前から構想

    富士山を鉄道で登るという構想は戦前からあり、山腹に穴を開けてケーブルカーを通す「モグラ鉄道」などが考えられた。 戦後の昭和38年には富士急行が5合目から山頂までの地下ケーブルカー建設を国に申請し、取り下げている。

    また、平成27年には富士急などの企業や観光協会、自治体でつくる富士五湖観光連盟の検討会が、富士河口湖町と5合目をつなぐ有料道路「富士スバルライン」に線路を敷くという案を提言した。ただ、常に「霊峰」の開発に対する反対論があった。

    (以下略 全文はソースからご覧ください。)

    https://news.livedoor.com/article/detail/16595810/

    2019年6月10日 12時56分 産経新聞

    【富士山に登山鉄道!?長年の構想がいよいよ発車 山梨県側の麓から5合目まで】の続きを読む

    1: ガーディス ★ 2019/05/24(金) 19:12:34.72 ID:XXTFYjX+9.net
    2種類のツートーンを用意
    日産は、先月公開したフェアレディZの生誕50周年を記念した限定モデル「フェアレディZ 50thアニバーサリー」の価格を発表した。

    フェアレディZは、1969年の発売以降、世界トップレベルの走行性能や、走りのために鍛え上げられた真のスポーツカーとして、高い評価を得てきた。

    生誕50周年を記念した「フェアレディZ 50thアニバーサリー」は、1970年にアメリカのSCCA(スポーツ・カー・クラブ・オブ・アメリカ)のレースで優勝した「ダットサン240Z BRE」のデザインを新たな形で再現。フェアレディZのグレードをベースに、ブリリアントホワイトパール(3P)のボディに、バイブラントレッドの組み合わせと、ブリリアントシルバー(M)のボディに、ダイヤモンドブラック(P)の組み合わせの2種類のカラーリングを設定する。

    フロントフェンダーにステッカーを、リアには、50周年記念を象徴するバッジを追加し、ホイールリムにレッドラインを追加した19インチ・アルミホイールを装備。

    インテリアには、レーシングカーをイメージさせるセンターストライプを施したアルカンターラ表皮のステアリングホイールのほか、専用キッキングプレート、専用カラーのシフトノブ、専用ステッチを施したパワーシートやドアトリムを採用している。

    また、シート、シフトノブまわりやメーター内に50周年記念ロゴを配するとともに、そのほか多くの専用装備で、50周年の特別感を演出している。

    「フェアレディZ 50thアニバーサリー」は、2020年3月末までの期間限定モデルとして、予約注文を開始し、今年の7月に発売する。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16510013/


    【50thアニバーサリー、フェアレディZ 50周年記念車の日本価格、458万8920円~】の続きを読む

    このページのトップヘ